WEBデザイナーをステップにしてWEBディレクターへ

 WEBデザイナーの仕事を経験するメリットは、単純にWEBデザイナーとしてのウデを磨いていくということだけにとどまらないです。では、他にどんなメリットがあるのかというと、それはWEBディレクターへの道に一歩近づくというメリットです。

 WEBデザイナーはWEBデザインの専門家ですから、WEBサイトの統括までは担当しないことが普通です。それは、WEBデザイナーではなくてWEBディレクターの仕事だからです。ですが、そのWEBディレクターの仕事はWEBデザイナーの仕事を十分理解していたほうが、進めやすいということに間違いはありません。つまり、WEBデザイナーの仕事を経験しておけばWEBディレクターの仕事をしたときにとても役立つということです。WEBデザイナーが実際の現場でどういう仕事をしているのかを経験することは、とても意味のあることなのです。

 そして「その先にWEBディレクターを見すえている」ということを会社の面接で伝えれば、こちらの評価はかなり高くなります。それは、その意欲の高さを買われる可能性があるからです。また、先を見すえているならば、将来性があって後々WEBディレクターを任せてもらえそうな求人を選んだほうが良いです。そういうヴィジョンにかかわることは求人にだいたい掲載されていますので、そこを中心に選んでみるのも一つの手段です。

 また、そういうベンチャー企業は大阪など都市圏の企業に多いので、大阪周辺に住んでいるWEBデザイナー志望の人はぜひとも狙ってみてはどうでしょうか?

WEBの就職・面接希望はコチラ