WEBデザイナーの求人と残業について

 大阪でWEBデザイナーとして働きたいという意志はあっても「残業するのは少し厳しいな」と、残業について気にしてしまう状況の人がいます。そういう人は家庭の事情だったり、体力的なことだったり、時間的なことだったりで残業を敬遠するわけですが、その希望を出すことは決しておかしなことではありません。毎日終電まで根詰めて仕事をするということは良いことではありませんし、労働者の希望はあって当然です。ただ、さすがに大阪で「残業なし」となると、少し厳しくなるのが普通です。

 ですが、WEBデザイナーの仕事であっても、残業を極力減らすことができます。それは、自社サイトのWEBデザイナーになった場合です。WEBデザインを請け負うことがメインの会社ですと、残業はどうしても覚悟しなければなりません。それは、制作を発注した顧客のスケジュールに合わせて仕事をしなければならないからです。そうなると、こちらの都合で納品を遅らせるわけにはいきませんので、必然的に残業が必至です。しかし、自社サイトならばそこまで厳しく納期があるわけではありませんので、ある程度の融通を利かせることができます。

 それは、ダラダラと仕事をして良いというわけではなく、スケジュール管理をしっかりして無駄なく仕事をするということです。それさえできれば、残業を免れることができるのです。それはWEBデザイナーだけではなく、WEBディレクターでも同様です。

 ですので、自社サイトのWEBデザイナー求人なら、残業は少なくなるかもしれないと考えて良いのです。

WEBの就職・面接希望はコチラ