WEBデザイナーとWEB管理の違いについて…!

最近、求人においてWEBデザイナー、クリエイターという単語を使う事でアルバイトやパートでも社員と同等のポジションを感じさせる事が出来ている気がします。
勿論、良い事なのですがWEBデザイナーを夢見て実際に働いてみたら、実はネットショップの管理だった。もしくは、ショッピングサイトへの出品だったという事も多いのでは無いかと思います。
特に自社サイト管理などの求人の場合はこれが多いと思います。事務職とクリエイター職を兼ね揃えてやって行きたい方には良い職種だと思います。
しかし将来、WEBデザイナーとして一からサイトを構築して作りたいという方は、制作の現場に居ないとモノになりません。デザイン事務所に入社するか、独自である程度のCSSが手打ち出来るレベルなら派遣で経験を積むのもいいと思います。
気をつけて欲しいのは、WEBデザイナーというカテゴリーで求人が出ていてもECサイトの管理職では、勤務中に知識を付けるのは難しいです。とにかく、毎日の掲載作業や更新作業に追われますので。中には、受注の管理や顧客の管理なども任される場合もあります。そうなると、事務のスキルは上がりますがいざ転職や独立となってもWEBデザイナーとしての経験値は無いままとなります。
なので、デザイナーになりたいのであれば制作会社に入社する事を強くお勧めします。東京や大阪などの首都圏であれば多くあると思います。たとえ紙媒体が中心でも企業のサイトに行ってみてそこでWEBの仕事も受けていたら、自分がすぐに手がける事が出来なくても必ず先輩に知識のある方がおり、学ぶ事が出来るはずです。
なりたい職業に近づくのではなく、いきなり飛び込んでみる事が大事です。

WEBの就職・面接希望はコチラ