WEBデザイナーとして

大阪でWEBデザイナーとして働き始めて早2年。大変なこともたくさんありましたが、なんとか一人前のWEBデザイナーに認められることができました。地元を離れて大阪に出てきたときは、不安しかありませんでしたが、今日まで頑張ってきて本当に良かったと思います。私は中途入社で、同年代の人間にハンデがある状態でした。求人を見て、面接で採用された私は、入社したての当時は肩身の狭い思いをしていました。
会社ではほとんど雑用しかさせてもらえず、WEBデザイナーとして勉強するのは自宅に帰ってからです。遊ぶこともほとんどせずに、ひたすら勉強をしてきました。求人には、即戦力になる人が好ましいと記載されていたのに、実際私がやっているのは、お茶入れやコーヒーを入れる係みたいなポジションです。本当に辛いと感じていました。辞めたいと思ったことも何度もありました。でもここで辞めても仕事がないし、自分がやりたい仕事なので、勉強を重ねて必ずWEBディレクターに気に入られようよ決めました。
ウチのWEBディレクターはかなり頑固な人なので、気に入られようと行動すると嫌われます。私は媚を売ることができない性格なので、それが良かったのかもしれません。もし私は媚を売るような性格だったら、未だにお茶入れ係だったかも。とりあえず今はWEBデザイナーとして、毎日サイトのデザインを考える毎日に追われています。今までも大変でしたが、これからが本当に大変な毎日なると思います。

WEBの就職・面接希望はコチラ