WEBデザイナーとして転職成功した主人

わたしの主人はWEBデザイナーとして、大阪のWEBデザイン事務所で働いています。
最近ではWEBディレクターとして、プロジェクトの指揮を執ることも多くなってきたと言っています。
わたしはWEBデザインのことはよくわからないのですが、主人の様子を見ている限り、なかなか楽しそうなお仕事ですよ。
3年前に今の仕事に転職したのですが、以前の会社はちょっとブラック気味で、とにかく日付が変わるまで働くのは当たり前。
それでいてお給料は良くなくて、主人もつらそうでした。
その仕事でもある程度WEBサイトつくりをやっていたとのことで、それを専門にするために大阪にある今のWEBデザイン会社に転職しました。
求人情報を見て決めたのですが、求人情報には悪いことってあんまり書いてないじゃないですか。
わたしも傍から見ていて大丈夫かな?と心配する気持ちはありましたが、主人が決めたことですから、陰ながら応援していました。
まずはWEBデザイナーとして下積みのような仕事をしていましたが、徐々に主人が元気になっていくのがわかりました。
以前の仕事では帰ってくると疲れ切っていて、すぐに寝てしまうような生活だったのですが、WEBデザイナーになってからは帰宅時間が早くなり、それでも以前よりお給料が上がりました。
時には遅くなることもありますが、以前の仕事と比べるとたいしたことではありません。
主人が会社であったことをいきいきと話しているので、主人にとってこの転職は成功だったのだと思います。

WEBの就職・面接希望はコチラ