WEBデザイナーとして採用されるためには?

 WEBデザイナーの求人へ応募するときには、求職者のポートフォリオを求められる可能性があります。WEBデザインの仕事は極めて感覚的な部分に頼りますので、その感覚的な部分が求人を出している企業とマッチするのかどうかを確かめるためです。いくら履歴書の経歴や志望動機が最もらしくとも、その部分が採用担当者と一致しなければ採用を勝ち取るのはなかなか難しいことです。ですから、企業に合わせたポートフォリオの提出を、求職者は考えなければならないのです。そうして、企業に合いそうなポートフォリオを用意することが、すでに最初の試験になっていると考えたほうが良いです。

 WEBデザイナーとして採用されるのは、決して簡単なことではないです。起業としてもWEBデザインによって売り上げや顧客数が変わってくるということを十分承知していますので、WEBデザイナーを任せられるような人材の選択はとても重要だと考えています。ですから、もしもWEBデザイナーとして採用されたいのならば、応募先の企業についてよく調べておきどんな人材が求められているのかを確認しておくことが大事です。これは、何もWEBデザイナーの仕事に限ったことではなく、すべての仕事において言えることです。

 特に、東京や大阪など都市部の企業ではWEBデザインを重視する傾向にありますので、東京や大阪など都市部の企業へ求職するときは特に注意が必要です。WEBデザイナーとしての仕事を経験すると後々WEBディレクターの仕事に結び付けることができますので、WEB系の仕事をするならぜひとも経験しておきたいところです。

WEBの就職・面接希望はコチラ