WEBデザイナーとしての経験

WEBデザイナーとして、5年間働いてきた経験をお話ししたいと思います。
とにかく最初は、大阪で働いていました。
初めての一人暮らしと初めての社会人生活でドキドキでした。
慣れない事だらけでしたが、直ぐに先輩社員さんが優しく接してくれたので、安心して日々過ごせていけました。
WEBデザイナーとして、まず任されたのは設計でした。
お客様の要望を聞いて、どんなのが良いかとあれこれ考えて机上の設計をします。
しかし、机上の空論にならないようにプログラムとして組み立てられるかどうか細かく詳細にしていきます。
とてもそのあたりが楽しみの一つでした。
お客様の要望を入れた設計をすると机上の空論になってしまうこともあったり、自分のスキルが足りないだけで実現できるんじゃないのかと思ったりもしました。
そんなこともやって行くと次第にリーダーになることも増えてきました。
開発者から管理者になると、行なう作業も上流の部分になったりしてました。
プログラムで組むこともなくなりました。
リーダーとして、いかにメンバーをまとめて行くのかを考えたりしました。
大阪時代は、とても良い経験を積めました。
これからWEBデザイナーになりたい方や目指してる方は、とにかくちゃんと求人をしっかり見るのが良いのかなと思います。
求人をさらっと見逃すのは、のちのち自分を追い詰める結果になります。
最初から企業を見極める力身につけると自分の魅力も見つけるきっかけにもなると思います。

WEBの就職・面接希望はコチラ