自動車製造業の仕事から大阪のWEBデザイナーの求人を見て志すまでの過程

コンピューターの専門学校を出たものの大阪で業種とは関係のない製造業をしています。
自動車部品の製造業の仕事はすぐに結果が見えるという一点のみにやりがいがありましたが次第につまらなさも感じるようになったのです。
WEBデザイナーをやってみないかと某会社からスカウトがあるのですが返事はしていません。
専門学校時代のものは過去の技術となって今では陳腐化している可能性があるために戸惑いも隠せなかったのです。
不安な気持ちを抱えていましたが現在の仕事と向き合った結果として一生やっていくような仕事ではなかったのでWEBデザイナーをやると固く決意したのでした。
声をかけてくれているのは大阪のとある中堅IT関係ですがなにせWEBディレクターが知り合いなのでやりやすいというのもあります。
そこまで親しいわけではありませんが全くの初対面よりは話せるような関係ですからよりよい関係で働けそうな予感を感じさせてくれました。
大阪から出て働いた経験もありませんから根を張って働けるように仕事に精進していきたいと思います。
WEBデザイナーをやると決めましたがパソコンなどは当然ですが会社にある備品を使うのでお金も掛かりません。
給料は中途求人なので最初はそこそこですが実力次第ではアップしていくと約束してくれました。
お金で仕事を決めるわけではありませんのでやりがいを求めてお客様に満足してもらえるようなプロの仕事ができるようになれたらと感じています。
WEBデザイナーで中途求人があっただけでも奇跡でした。

WEBの就職・面接希望はコチラ