私は大阪市内在住のWEBデザイナーです。

最近までは会社に勤めていたんですが、つい先日独立することになりました。独立と言っても一人でやっているので、今のところは会社でやっていたことを自宅でやるようになっただけです。会社登記や社名を考えたり、自分で会社のロゴを考えたりと色々やることもあったんですが、ひと通り終わって今は仕事をこなすだけの毎日になっています。
独立してから半年ほど経ったときに、仕事も軌道に乗ってきて、一人じゃ追いつかないほどの仕事量になってきました。新しく人を雇うことも考えましたが、知らない人を雇うよりも知っている人を雇うほうが気楽だなと思い、まずは以前の同僚から声を掛けてみました。答え全員NOです。安定した大きな会社のほうが良いに決まっていました。
人徳があるとは思っていませんが、全員に2つ返事で断られるとさすがにショックです。しょうがないので、大阪の求人情報誌に掲載することにしました。即戦力以外はいらないので、経験者のみの採用です。意外なほど問い合わせ電話が入ったことは驚きですが、面接に来る人間はほとんどいません。面接に来た人も経験者と言っても1年もやっていない人ばかり。この仕事が忙しいときに面接ばかり。だんだん焦ってきた私はとりあえず次に面接に来た人間を採用しようと決めました。
次に面接に来たのは女性で、私も同姓が相手だと気楽で済むから、女性という理由だけで採用の条件を満たしたみたいな気分になっていました。しかし、彼女は経歴も立派な物で、私も知っている会社でWEBディレクターとしても働いていたそうです。WEBディレクターとは言わば監督なので、私の上司にあたる部署の人間です。WEBデザイナーとしても経験があるようなので、即効採用しました。やっと会社も安定することができそうなので、嬉しく思います。

WEBの就職・面接希望はコチラ