地元大阪を離れて、ずっと東京でWEB関連の仕事をしてきました。

地元大阪を離れて、ずっと東京でWEB関連の仕事をしてきました。仕事自体は順風満帆で、このままいけばWEBディレクターになることもできる、そんなときでした。地元の大阪で父親が倒れてしまい、大阪に戻らなくてはならない状況に。会社の上司もこのまま行けば次の異動でWEBディレクターになることが決まっていたとおっしゃってくれました。後ろ髪を引かれる思いで、会社を辞めて、実家に帰ることにしまいた。父は思ったよりも体調が悪そうで、そう長くないんだろうなと感じてしまいました。
父に不安を掛けてはいけないという思いもありますし、自分の生活の為にも一刻も早く再就職をしなければいけません。毎日求人広告を見ても、自分が今までにやっていた業務内容はありません。私はWEBディレクターになることが目標なので、この際WEBディレクターの求人があるので、ダメ元半分で面接を受けてみようと思いました。履歴書を書くのは久しぶりでしたが、大学生の頃にした就職活動の時と同様に、真剣に書かせてもらいました。履歴書が完成するまでに、履歴書10枚は無駄にしてしまったと思います。書き直しに書き直しを重ねた、精一杯の履歴書を持って面接に向かいます。
結果はどうあれ内定をもらうことができるまで、面接を続けようと思っていましたが、最初の1社でWEBディレクターとして内定が決まりました。こんなに嬉しいことはありません。
父が倒れたことがきっかで、念願のWEBディレクターになることができました。これからは父のそばでWEBディレクターとして精進しようと思います。

WEBの就職・面接希望はコチラ