全方位型・・・対応人間!

 まあ、なんというか・・・。のっけから、タイトルからして「なんや?」と言いたくなりますが、実際、Webディレクターってかなり、色々な対応を求められます。大体、大阪限定で考えてみても、Webディレクター
取り仕切る会社・Webディレクターの求人は、かなりの数ですから、普通に考えて仕事はどっさりと想像するのが普通です。取りようにもよりますが、このご時勢で仕事はまあ、ある!といえる、時代の最先端をいく、将来性ある職業、その一方、忙しいし向上心がより求められる職業、それがWebディレクターです。求人豊富、今時では給料もまあまあ忙しささえ納得してれば、問題なしですね。東京標準で企業数・求人条件はかりすぎてますから、意外とこの恵まれた状況が、わかってないことが多いんです。大阪は良い方です。もちろん、それなりのモノは求められます。
 仕事は普通に言えば、様々な要求に沿ってWebサイトを制作していく、ということになります。Webサイト制作にはWebプログラマー・Webデザイナーなどが関わってきます。Webディレクターは、仕事開始から請け負ったWebサイトの納期に向けて、各担当の仕事の進捗状況を管理します。そして最大の役割は、制作するサイトの品質の管理です。
これは納期を目指して、まっしぐらの管理者にとっては、最大の事柄です。
 でも・・・納品するまで、色々なことがあります。サイト制作で修正なんてよくあること。職人さんカタギのスタッフに何でも修正させるより、企画に取材、あっと驚く情報収集もやる勢いで、ディレクターがやってしまうことも。
あらゆる画像撮りもおまかせ、予算の割付を経営者のように取り仕切り、仕事が渋滞気味のスタッフを励まし、何が仕事の遅れを引き起こしているのか、解析し、ともに解決にむけ、コミュニケーションをとらにゃーーー^^;
(ホント、玉のように人格が磨き上げられそうな・・・)だが、OKになれば最高です。

WEBの就職・面接希望はコチラ