仕事が楽しいのはこの上ない幸せ!

大阪にいる、私の叔父はWEBデザイナーをしています。もともとそっち方面に興味があったらしく、就職する時には求人雑誌で一生懸命探したそうです。

私はWEBデザイナーなんて、その時初めて聞いたので何の仕事をするのか知りませんでした。でも、仕事の話をする時の叔父が普段の叔父とは違いあんまり楽しそうなので、一回だけどうゆう事をするのか聞いてみたのですが、叔父の説明もイマイチ分かりにくいので、自分で少し調べてみました。

WEBデザイナーとは主に私たちが普段見ているサイトや、ホームページの作成をする仕事なのだそうです。これを作れるなんて、すごい事だと思いました。写真やイラスト、文字や色使いなど、それこそ無限のセンスが問われるような仕事なのではないでしょうか。

ただ、同じ一から始めるとしても何もないところからではないらしく、IllustratorやPhotoshop、Fireworksという名前のグラフィックスソフトを使いながらの作成なんだそうです。それでもそのソフトとセンスによって、WEBページも様々に出来上がるのですから、やはりすごい事だと思いました。

他にもHTMLやCSSなど、専門用語的なものが出てきて私には言語などと言われても何の事だかさっぱりと分かりませんが、奥の深さを考えると叔父にとっては楽しいのだと思いました。どんな仕事でも楽しんでできるなんて、うらやましいですね。

私ももう少しパソコンが上手になったら、インターネット関連の仕事に就きたいと思っているので、求人情報のチェックをしていたりします。今度大阪の叔父の所に遊びに行った時にはたくさんのWEB関係の話が聞きたいです。

WEBの就職・面接希望はコチラ