サイトを作る上で最も重要なポジションがWEBディレクター

私は入社してから今日まで、ずっとWEBデザイナーとして働いてきました。
しかし、最近になってからはWEBディレクターになることを考えています。
WEBディレクターになることは大変なことだと思いますが、WEB関連の仕事をしていて、WEBディレクターに憧れてしまうのも当然です。
サイトを作る上で最も重要なポジションと言っても良いでしょう。
たまに求人情報でWEBディレクターを募集してるので、いっそのこと転職してWEBディレクターになるのもいいな、なんて思うこともあります。
ですが求人から採用されたとしても、チームの個性や力量を量るのに時間も掛かりますし、慣れ親しんだチームで仕事をすることが私の望みですので、転職してWEBディレクターになることは少し違うと感じます。
まだWEBデザイナーとしも精進できることもありますし、今はもう少し我慢をしてみようと思います。

いつかもっともっと勉強して、WEBディレクターをやらないのはもったいないと周りに言われるくらいになってからでも、決して遅くはないと思いますので、今は焦らずに勉強を続けていき、プライベートも仕事も充実させることを頑張ろうと思います。
大事なことは目標を決めたらブレず、曲げず、見失わないことと諦めないこと。
成功する人は成功するまでやり続けたから成功したと、松下電器の創始者、松下幸之助も言っています。

私も諦めずにずっと追い続けて、いつか必ずWEBディレクターになってやろうと思っています。

WEBの就職・面接希望はコチラ