アフィリエイターからのWEBデザイナーへ就職。

僕は学生時代の頃から、なりたい職業が決まっていました。
WEBデザイナーです。
元々趣味で自分のサイトを作ることが好きだったんですが、自分の好きなことが仕事としてできるなら、それ以上のことはないと感じ、WEBデザイナーとしての勉強をしながら、自分のサイトをたくさん作って、学生時代のころからアフィリエイトをしながら小遣い稼ぎをしていました。

僕は大阪出身の大阪育ちなので、会社も大阪市内がいいなと思っていました。
実際就職活動は熾烈を極めました。
求人広告を見て、ちょっとでも気になったラ面接。
卒業間近になるまで内定をもらうことができなかったので、就職活動の後半は求人広告を見てWEBデザイナーの会社というだけで面接を受けていました。

その努力の甲斐があって、在学中に内定をもらうことができました。
卒業後は入社式を終えて、実家を出て会社近くでひとり暮らしを始めました。
仕事に対して頑張れるようにと、両親が気を使ってくれました。
社会人として、ひとり暮らしをすることは、自己管理をする上でも大切なことだと思います。
入社後はチームに分かれて、仕事をこなして行きます。
直属の上司のWEBディレクターとも上手くやっていけそうなので、安心しました。
上司のWEBディレクターは人柄が良いことで有名な人です。
教えるのも上手いし、指示するのも上手いです。
上司のおかげで、新人の僕でも仕事をこなすことができています。
僕もいつか上司のような人間になりたいと思っているので、今は毎日仕事を頑張ろうと思います。

WEBの就職・面接希望はコチラ