なんとなくで始めたWEBデザイナーですが…

現在大阪のデザイン会社でWEBディレクターをしています。
もともとはWEBデザイナー上がりです。
WEBディレクターになってからはいろんな職種をまとめて管理しないとならないので結構大変です。
他の職種の業務内容にも詳しくなりました。
コーディング担当、ライター、プログラマーなど、それぞれの事情を汲みながらやっていかなくてはなりません。
締切前になるとみんないっぱいいっぱいになりますから、自分だけは冷静でいなくてはならないと気を引き締めています。
クライアントさんから依頼されたとおりの納品物が完成した時にはうれしいですね。
大きなプロジェクトが終わった後はみんなで打ち上げをします。
新卒で入った会社はWEBとは関係の無い会社でした。
WEBデザイナーとなったのは5年前です。
なんとなく転職したいと思っていたときに求人情報を見て、なんとなく面白そうだと思って応募しました。
大阪ではたくさんのWEBデザイン会社が求人を出していますが、中には未経験OKというところもあります。
その未経験の中でもある程度WEBのことがわかっているほうが採用されやすいので、独学でもちょっと勉強しておけば、他の応募者と差を付けることができるでしょう。
こんなふうに「なんとなく」で始めたWEBデザイナーですが、自分にとっては向いていたようで、以前の会社よりも楽しく仕事をすることができています。
人間関係に恵まれたのも良かったのだと思います。
個性的な仲間に囲まれて仕事をするのは刺激的で楽しいものですよ。

WEBの就職・面接希望はコチラ