WEBデザイナーとしての経験

WEBデザイナーとして、5年間働いてきた経験をお話ししたいと思います。
とにかく最初は、大阪で働いていました。
初めての一人暮らしと初めての社会人生活でドキドキでした。
慣れない事だらけでしたが、直ぐに先輩社員さんが優しく接してくれたので、安心して日々過ごせていけました。
WEBデザイナーとして、まず任されたのは設計でした。
お客様の要望を聞いて、どんなのが良いかとあれこれ考えて机上の設計をします。
しかし、机上の空論にならないようにプログラムとして組み立てられるかどうか細かく詳細にしていきます。
とてもそのあたりが楽しみの一つでした。
お客様の要望を入れた設計をすると机上の空論になってしまうこともあったり、自分のスキルが足りないだけで実現できるんじゃないのかと思ったりもしました。
そんなこともやって行くと次第にリーダーになることも増えてきました。
開発者から管理者になると、行なう作業も上流の部分になったりしてました。
プログラムで組むこともなくなりました。
リーダーとして、いかにメンバーをまとめて行くのかを考えたりしました。
大阪時代は、とても良い経験を積めました。
これからWEBデザイナーになりたい方や目指してる方は、とにかくちゃんと求人をしっかり見るのが良いのかなと思います。
求人をさらっと見逃すのは、のちのち自分を追い詰める結果になります。
最初から企業を見極める力身につけると自分の魅力も見つけるきっかけにもなると思います。

WEBの就職・面接希望はコチラ

WEBデザイナーに向いてる方

WEBデザイナーとして大阪で5年働いてきた立場でWEBデザイナーに向いてる方を教えたいなと思います。
とにかくコツコツと前向きに作業を行えるチームワークを大切にできる方が向いてます。
WEBデザイナーというととても堅苦しくて、真面目なイメージですが、そんな人じゃない方が向いてると思います。
大阪時代では、とにかく勢いで働いてました。
何でも吸収しようと思ってました。
分からないことが分かりたいと思うくらいのタイプだったので、全てが新鮮でした。
企業と出会ったのは、求人に応募して受かったのですが、求人のチェックはマメにすることをお勧めします。
希望する企業の求人も急に出てくることもあります。
気になることは、そのままにせずに電話して聞いてしまうのが良いと思います。
WEBデザイナーは、設計から組み立てまですることもあります。
私の場合は、組み立てまでやってました。
企業によっては、上流の設計までしか行わない企業もあるので、希望に合った企業に巡り合えるように企業内容をよく見るようにして下さい。
そうすることで失敗することなく、良い会社に入れると思います。
出会いは、一期一会と言いますか、本当にそうだと思います。
見逃さないようにして下さい。
面接の際は、ありのままを見てもらうようにして下さい。
高い自分を出してしまうとギャップを埋めるのに苦しめられてしまうのです。
気をつけて下さい。
皆さんが運命のWEBデザイナー会社に巡り合えることを祈ってます。

WEBの就職・面接希望はコチラ

WEBデザイナーになる為には

WEBデザイナーを職業にしています。
かれこれ、5年間くらい働いてます。
働くきっかけとしては、大学生の時の講座にそのような教科があり、次第に興味が出てきました。
最初は、プログラムって何だろうとかどうしてこんな風になるんだろうと疑問だらけでした。
その疑問をどうやっていけば良いのかも分かりませんでした。
論文でもWEBデザイナー向けのプログラム論文を書きました。
それ程大好きになりました。
とりあえず、求人を沢山みて手当たり次第に応募しました。
勤務先には、こだわらずに京都や大阪や東京も受けに行きました。
最初の求人で受かった就職先は、大阪でした。
そこでは、とにかく真正面からぶつかって行こうという気持ちだけで乗り込んでいきました。
良い先輩たちに恵まれたおかけで、伸び伸びと仕事が出来ました。
一人で孤独になることもなく、困ったり悩んだりしたら、とにかく先輩社員がケアしてくれました。
とても有り難いなと思います。
三年目くらいには、リーダーのポジションにもなって、大きい開発をするようになりました。
具体的に作るよりも管理する立場になりました。
物作りの楽しさは、もちろんあるのですが違った仕事の面白さを感じるようになりました。
WEBデザイナーを目指そうとしてる方は、よく企業の方針が自分のやりたい方向性と合致してるのかをよく考えて欲しいなと思ってます。
そこを曖昧にしない事がとても大事です。
企業研究をすればするほど、自分自身が安心出来ます。

WEBの就職・面接希望はコチラ

WEBデザイナーは、一番素敵なお仕事です

WEBデザイナーの求人をじっくり見てみると東京の求人や大阪の求人が多かったです。
私が初めて面接したのは、大阪のWEBデザイナーの正社員でした。
WEBデザイナーは、とてもキラキラしていてイメージ通りの日々でした。
バリバリと働ける環境が整ってました。
良い会社選びのポイントもよく求人を吟味したのが功を奏したのかなと思うのです。
内定までのプロセスで先輩社員との対談もあったりするので、良くプロセスを読んでおくのもポイントだなと思います。
内部の人間の言葉は、真実だけだと思います。
自分が入った時に困らないように聞いておけると良いと思います。
内勤のイメージも多いですがお客様に説明しに行く時はお客様のビルに向かう時もあったので、営業マンのような生活でした。
忙しい日々の中でも確実に確かなやりがいが私の心の指針になってました。
女性社員のメンバーの優しさにも恵まれていたので、人間関係のトラブルも生まれなかったです。
とても安心出来る環境だったので、約五、六年働きました。
女の子でも活躍できる環境が整ってます。
大阪での経験は、とても私の人生の財産となってます。
今では、どんな事でも頑張れる自信しかありません。
WEBデザイナーとしてお客様に喜んでもらえるデザインを提案して生み出す作業に快感すら覚えてます。
ぜひ、WEBデザイナーに興味がある方は、やってみたいという心構えだけで充分だと思うので一歩と言わず、二歩踏み出して欲しいなって思ってます。

WEBの就職・面接希望はコチラ

WEBデザイナーは、素晴らしい職業です

はるか昔の話となりますが大学の時は、情報処理学科でした。
そのため、パソコンやプログラム言語などを学び始めて興味を抱きました。
授業の内容には、C言語などWEBデザイナーになるための講義がありました。
そのWEBデザイナーの講義が凄く面白くて、帰りに参考書を買ったくらいにどっぷりハマってしまいました。
この言語を使って、自由に自分が構築したWEBデザインを作れてたらと考えるだけでワクワクして堪りませんでした。
遠足前の小学生の気分でした。
いつも目にしてるパソコンの画面のカラクリを知ったようにして興奮してました。
どうやったら、皆が使いやすいと思えるのかと考える日々を送ってました。
すぐに世の中に通用できるWEBデザイナーになりたいと思うようになりました。
そんな大学生活は、とても私にとって神秘的な衝撃的な経験でした。
こらからの将来を決める素晴らしい職業に出会えたことに心から感謝してます。
働く先は、求人募集を吟味して大阪や京都や北海道など沢山の全国のWEBデザイナーの募集要項や求人に目を向けました。
なるべく視野を狭めたくないと思ってたので勤務先はどこでも良かったのです。
とにかく一流のWEBデザイナーになるっていう意気込みだけが私を突き動かしてました。
完全に心を奪われてました。
大阪でデザイナーになってみると大阪での職場環境の男女比率は、半々くらいでした。
女性は少ないのかなと完全に思ってましたが、安心したのを覚えてます。

WEBの就職・面接希望はコチラ